糖尿病対策

糖尿病対策

糖尿病予防として青汁が期待されています。青汁の中にはたくさんの食物繊維が含まれており、糖の調節にも役立つミネラルも多いことからです。糖尿病の原因のひとつが食生活の乱れだともいわれていますから、野菜を食べる機会が少ない方は青汁が最適なのです。

 

1・糖の吸収を抑える
青汁に含まれているたくさんの食物繊維は、腸からの糖の吸収を抑える働きがあります。食前に青汁を飲むことで、食べた食事の糖の吸収を抑え、血糖値が急激に上がりにくくなります。それに伴いインスリンの分泌も抑えられ、糖尿病予防に繋がります。

 

2・糖をコントロールするミネラル
ミネラルの中には血糖値と関連するものもあります。日本の土壌はミネラルがもともと少なく、野菜に農薬を使うようになり摂取量が低下しています。さらに糖尿病が進むとミネラルも一緒に尿と出ていく傾向があるため、積極的にミネラルを摂取する必要があるのです。

 

3・合併症の予防に
青汁には抗酸化作用がありますから、細胞のサビを防ぎ糖尿病の合併症予防にも繋がります。糖尿病が進むと様々な部位に問題が起こりやすく、失明や手足の壊疽などが起こることがあります。青汁で血糖値をコントロールしながら、サビも防ぐことで合併症予防に繋がります。